キャラクター紹介

随時更新予定。
1920×1080PCディスプレイ表示を前提で作成してますので、タブレット等だとレイアウトが非常に崩れます…

   
長岡頼通(ながおかのよりみち)27歳
平安時代から、朱雀と共に大正時代にやってきた古のジェノサイダーの1人。アラブ系の父と日本人の母(共に幼少期に亡くしている)のハーフ。料理が趣味で炊事全般が得意分野であるため、譲に連れられ白詰楼に居ついてからは炊事を担当している。妻の良子との間に子供が3人居る。そのためか子供には優しい。漢字に弱く、三越を「さんこす」と読んだりする。結構ムッツリ。愛称は「チョーさん」
 
ホルベヘデティ
ホルベヘデティは「エドフのホルス」という意味である。デル・エル・メディナでホルスケプレシュ開発のためのデータ収集用に製造されたケプレシュであり、その後実用化のため改修を加えたものである。ソル・バルーユニットがオミットされている分、各性能はホルスより勝る部分もある程。腕に装備されたエネルギーフェイザーは強力だが、複雑な機構ゆえにジャムなどのトラブルも多発するため調整が欠かせない。

 
清原良子
(きよはらりょうこ)27歳
平安時代から頼通を追いかけて大正時代へやってきた頼通の妻。平安人とは思えないほどの長身と長い髪が特徴。頼通との間に3人の子供がおり、平安時代に置いてきた子供の事を案じているなど母性的な性格をしている一方で、気に入った同性をイジメる困った性分がある。家事全般が出来ないドジッ子属性もあるが、裁縫は得意で卯月・葉月とちりめん細工をして遊んでいる。
  
ハトホル
最強と呼んでも過言ではないオーバースペックを誇る。強力なパワーと高速機動力を兼ね備え、更にこのケプレシュを纏う者は、平時においても自分や他者の傷を急速に治癒させる事ができる。そのため、首を切断されない限りは不死身と言っても過言ではない。装着者は妊娠経験のある女性に限られている。ハトホルを纏う良子が現れた事で、頼通達と朱雀達のパワーバランスは逆転するまでに至った。

 
斎藤 譲(さいとう のぼる)25歳
軍人になるのが嫌で家を出ていた青年。紆余曲折あり頼通を連れ、幼馴染の弓束がいる白詰楼に居つく事になる。フランクであるものの口数が少なく、ポーカーフェイスでクール。弓束へ好意を寄せているような言動を平然と取るため、彼の実際の気持ちを掴み取るのは難しい。趣味は釣りと浅草での映画鑑賞。
 
ホルス(ホルサイセ)
唯一の自己進化型ケプレシュ。最初期のハルポクテラス・中期のホルサイセ・成熟型のハレンドテスへと戦いを経て進化していく。
強大な火力とスピードを兼ね備えている。専用の武器ではないはずのモントゥケペシュが装備されているのは、重大な秘密が隠されていた。

   
弓束(ゆづか)26歳
譲の幼馴染で、新吉原の遊郭「白詰楼」の花魁。銀髪に赤い瞳を持つアルビノ。グラマーな体系をしているが、性格や口調は男性的。郭の遊女達にとってもリーダー的な存在。譲には薄っすらとした好意を寄せてはいるものの、自分の立場もあり進展する事は期待していないようだが…。父親もネヘブカウのジェノサイダーであったことが序盤で判明する。
 
セルケト
蠍型のケプレシュ。強固な防御力を誇る。腕のクローは相手のケプレシュを溶かす毒素を含んでいる。また、このケプレシュを纏う者は平時もいかなる病毒が効かなくなり、他者の病気もある程度治癒させる事が出来るようになる。
テイルソードはネヘブカウの武装を受け継いだ物である。

 
曾我秀明(そがのひであき)26歳
良子と共に頼通を追い平安時代からやってきた頼通の親友。変わった髪型。女好きでおおっぴらなスケベ。陽気でヘラヘラしている印象が濃いが、ケプレシュの修復技術は高く頭も良い。日本橋にある鍛冶屋の手伝いをしているが、高い技術力を買われ跡を継がないかと真剣に提案されているほど。平安時代に結婚していたが、妻には先立たれている。
クヌム
ケプレシュの開発と修繕を行う者のために開発されたケプレシュ。装着中であれば、自他のケプレシュを(応急的に)即座に修理することが出来る。水中や水際で性能を発揮し、高速潜航や水流を自在に操る事も可能。

 
リン=ラキシス 30歳
屋久島に住むエルフの使いで、人間とエルフのハーフ。見た目に寄らず8人の中で最年長。当初はどちらの陣営が真っ当か見定める役目であったが、同じ役目のキゥイとの確執で頼通達の側に付く事に。お転婆で天真爛漫な性格をしてる。初対面の時に助けられて、秀明に惚れてしまった。人間の女性の生理同様、年に1ヶ月ほど大人の体躯になる。
 
ワジェト
コブラ型のケプレシュ。火炎を発生させ自在に操ることができる。高い敏捷性を誇る。ネクベトと一部のパーツが共通になっているのも特徴。ソプトゥの剣と盾はリンが実の父親から受け継いだ武器。


小田桐 翔二(おだぎり しょうじ)20歳
横浜の新聞社に勤める記者。都内の下宿しつつ「帝都に現れる天狗の噂」を追い頼通達を突き止めるが、尾行中に捕まってお灸を据えられ、それでもしつこく付きまとっていたため、トトケプレシュを纏わされて戦いに巻き込まれる羽目に。なよなよしている割に頑固。奈美季に一目惚れするも中々相手にされない様子。駆け落ちした兄と姉がいる。童貞。
 
トト
トキをかたどったケプレシュ。頭部はヘッドギアタイプだが、背中に付いているフェイスガードも装着が可能。盾とブーメランを装備しており、盾についている刃は射出可能。見た目に寄らず火力も高い。また、時間を司るトトケプレシュは、短時間だが時間を止めて行動することもできるようになる。

 
田川 奈美季(たがわ なみき)17歳
親戚の本屋「田川書房」2階に住み込みで時々本屋の手伝いをしつつ御茶ノ水の師範学校に通う女学生。迷い込んだスカラベが元で襲われた学校でバステトケプレシュを纏い戦いに身を投じる。清楚に見えるが実はかなり腹黒い性格をしており、友人達に影で「ビッチ」と呼ばれている。本姓は「宮崎」だが長野の実家との確執があり、親戚の姓を使っている。
 
バステト
ネコ型のケプレシュ。元はムトケプレシュのマイナーチェンジと量産化のため開発された。高い防御力を持つ一方で、「パージ」を行う事により装甲の一部を外し機動力を高める事も可能。両腕のクローとナイフが主な武装。盾もあったが、奈美季が最初に使用した時に融解してしまった。

 


 
烏丸 朱雀(からすま すざく)
頼通と共に大正時代に蘇った古のジェノサイダー。若きリーダーであり、思慮深くポジティブで人望も厚い。頼通とは因縁のライバル関係ではあるが、趣味が同じ料理であったりと敵対関係ながら気は合う様子であり、時折頼通との戦闘を楽しんでいるようにも見える。無理に突っ走る美沙を気にかけている。
オシリス
ケプレシュ開発初期段階で製造されたものだが、その時点での最強スペックを目指して開発された。鞭は打撃武器にもなる上、鋭い刃にもなりあらゆるものを切り刻む事も出来る。また、ジェドと呼ばれる棒状の武器はケプレシュよりも高い硬度で作られており、防御にも重宝される。

 
膳所裏 百虎(ぜぜうら びゃっこ)
自分こそが軍団の首長に相応しいと考え、甘い朱雀に取って代わりリーダーになろうと目論む野心家。スタースクリームみたいな奴。優れた民族である自分達の手で劣等種は間引く必要があるという過激な思想を持つ。独善的な性格でもある。目的のためなら手段を選ばない姿勢は終盤まで変わらなかったが…?
セト
カバを模っている、と言われるが定かでは無い。市街地等の破壊活動に特化したケプレシュとして開発された。ホルスケプレシュと同等の高い火力を誇る。手首の部分から刃が伸びる。支配者の立場を熱望する人物のみが身に付けることができる。

 
九折 美沙(つづらおり みさ)
西洋の血が混ざるクォーター。勝気で男勝りなタイプ。唯一の肉親である妹の美紀を何よりも大切にしている。実力も確かで、女性戦士の中では最強を自負していたが、ハトホルケプレシュを纏った良子と相対するも、成す術もなく惜敗。その後も嬲られ連敗を喫し、打倒ハトホルを掲げ必死の鍛錬をすることになる。朱雀と将棋を打つのが唯一の楽しみ。
 
イシス
ネフティスケプレシュと共に開発された。オシリスケプレシュを女性型にマイナーチェンジしたタイプだが、後に改修され、ソル・バルーユニットが頭部に内臓された。

 
九折 美紀(つづらおり みき)
美沙の1つ下の妹。温厚でおっとりした性格をしている。強い姉を何よりも誇りにしていたため、美沙が良子に負けるようになってからは、朱雀と共に美沙の身を案じるようになった。麗砥とは仲がよく、一緒に紅茶を嗜むことも多い。百虎とは幼馴染で、震災直後には最後まで百虎を説得しようとしたが、その努力が彼女に最悪の結果を招いてしまった。
 
ネフティス
イシスケプレシュと共に開発された。イシス同様オシリスケプレシュを女性型にマイナーチェンジしたタイプ。イシスと違い改修が加わっていないため、やや性能は劣る。

  
御陵 寂光(みささぎ じゃこう)
朱雀の親友。年齢は千歳を越えるが詳しい年齢は本人も覚えてないらしい。巨漢の老戦士。銃や爆弾といった近代兵器も利用する。まだまだ現役ではあるが、いずれ訪れる老衰に備えて弟子の雪間の育成に力を入れている。平安時代は秀明とライバル関係にあり、妻に先立たれて自暴自棄になりかけた秀明を敵でありながら叱咤激励するような事もあった。
オヌリス(アンフル)
強力なパワーを持つ一方、重厚な見た目に反して高い敏捷性も持つ。地上戦で真価を発揮するが、空中戦闘はあまり得意としない。巨大な槍を持ち、左腕からはアンカーが射出される。
 
キゥイ
リンと同じく、真っ当な陣営を見定めるべく屋久島から派遣されたエルフ。リンとは違い純粋なエルフで、長い耳が特徴。百虎同様、人間は劣等種であると考えている。一見リンに対しては敵愾心をむき出しているように見えるが、実際は大人の体躯のリンに惚れたら人間とのハーフであるが故の特異体質だったという憤りから来る愛憎に近い感情があった。
ネクベト
エジプトハゲワシを模ったケプレシュ。オシリス同様、鞭を武器にして戦う。ワジェトと一部のパーツが共通になっているのも特徴。ワジェトと同等の性能だが、敏捷性が劣る分飛行速度や空中の機動性能はネクベトが上回る。

 
神足 雪間(こうたり ゆきま)
寂光の弟子。陽気で快活な坊主頭の青年で、やや出っ歯。非常に身軽であり徒手空拳の才能は秀でているため、市街戦では頼通を凌駕する事もあるものの、経験不足な部分は否めない。吾妻とは親しくよく行動を共にするが、百虎のことは内心かなり嫌っている。
ウプウアウト
市街地をはじめとした狭隘な場所での戦闘向けに開発されたケプレシュ。敏捷性・機動性に重点を置かれているため、従来のケプレシュに比べると装甲は少ない。量産化を視野に入れて開発されていたが、最終的にウプウアウトから更に改良されたベスが量産されることになった。

 
栂尾 吾妻(とがの あずま)
先祖代々膳所裏(百虎)の家に仕えている家系の青年。寡黙でクールな一方で優柔不断な性格をしており、年下の雪間に引っ張られて動く事もしばしば。その雪間は唯一本音を話せる親友でもある。震災直後に雪間に説得され百虎の元から離反する。
アヌビス
犬を模ったケプレシュ。左肩の尻尾パーツは鞭のように打撃武器として使用することも出来、強力な力で物を自在に掴む事も出来る。古代エジプト時代はミイラを製造する神官が護身用に身に付けていた物であるため、本来は防戦向き。終盤でネイトの弓を受け継ぐ。

 

 

サーシャノグチ 20歳
後半に登場。ロシア人と日本人のハーフなため小柄なのがコンプレックス。ソビエトから単身エジプトへ向かう途中に一行と合流。その際に吾妻に助けられて想いを寄せるようになる。ちなみに左利き。

ネイト
山猫を模ったケプレシュ。携行している弓から光の矢を連射することができる。また、弓は変形して手斧のように相手を斬りつけることもできる。

   

メイトラスト
古代エジプト時代よりこの戦いを見守ってきた物静かで礼儀正しい少女。少女の容姿ではあるが、二千年近く生きている。普段は永い眠りに付いており、数百年に一度「ジェノサイダー」の戦いが起こるたびに覚醒している。(覚醒していた年月を換算すれば40歳前後になる)
元々はギリシャよりエジプトへ派遣された技師一家の娘であったが、エジプトへ向かう途中事故に遭い家族もろとも死亡してしまう。その後、死者の書を元に処理が施され、復活を遂げた過去を持つ。今回もまた戦いが始まると共に覚醒する。

テフネト
ライオンを模ったケプレシュ。セクメト化し暴走状態になったケプレシュのオーバースペックをそのまま制御できるように開発された。また、テフネトケプレシュのみ(開発時に試作された)反重力機構のみで飛行することが出来る。
(他のケプレシュは基本的に反重力機構と推進装置が分かれている)

キャロル 24歳
先祖代々メイに仕えてる家系の女性。メイの身の回りの世話も全て彼女が行っている。気が強いタイプではあるがメイに対しては優しさを見せ、時に従者として時には姉のように面倒を見る。
メイのことをあらゆる意味で溺愛している。

ヌト
メイに仕える女性が代々身に付けているケプレシュ。
スターダストエクスプロージョンという広範囲に拡散するエネルギー弾を放つ。

ザイードミーノ
ラスボス。かつては古代エジプトでファラオに仕えた戦士の1人であったが、ある事件をきっかけに豹変。世界を混沌の闇へ陥れようと暴れまわる。過去の戦いで深い傷を負い、肉体を一時的に眠らせ意思のみで暗躍する。

ラー
古代エジプト時代に「現段階での最強性能を込めたケプレシュを製造する」という目的で開発されたケプレシュ。両肩の装甲は取り外して盾として使用できる。また、ラーケプレシュの最大の特徴は他のケプレシュを吸収し融合することができる能力である。

    

山田 亮太(やまだ りょうた) 26歳
後半に登場。日露戦争時に譲の父の部下として戦闘に参加していた青年。ザイードの直属の部下として仕える。見た目に寄らず高い戦闘スキルを持つ。少々気難しい一面もある。終盤で自分の目的や戦いの意義に疑問を持ち始め、主人公達にコンタクトを取る中でメイに出会い、彼の心が揺れ動く事になる。

セベク
クヌムと同様に水中戦を得意とする、ワニを模ったケプレシュ。非常に高性能であり、戦闘力で言えばホルベヘデティに勝るとも劣らない。左腕からネットを射出し、左肩からリバース・ボマーという機雷状のエネルギー弾をばら撒く。



その他のキャラクター
  卯月・葉月(うづき・はづき) 7歳
双子の姉妹で、弓束の禿(かむろ)。
白詰楼に来た頼通に懐く。また、頼通や後に来た良子にとっては、離れた子供の姿と重ねられ可愛がられる。

奈美季の同級生
左から田川 奈美季、
松尾 静(まつお しずか)
塩山 ハツ(しおやま はつ)
金田 イサ(かねだ いさ)

奈美季と同じ御茶ノ水の師範学校に通う同級生。譲や秀明からは「奈美季軍団」とひっくるめて呼ばれている。
全員弓束のファンで、遭遇するたびに黄色い声を上げて群がる。


松尾静はまっちゃんと呼ばれている。快活な方だがいじめっ子のきらいがある。表向きは奈美季と仲良くしつつも、陰でビッチだのメガネ豚だのボロクソに言ってる張本人。
塩山ハツはハッちゃんと呼ばれている。小柄ながら能天気で楽天家。4人の中では(何故女学校に入れたのか疑問なほど)成績がイマイチ。庇髪スタイルなので実は一番リアルな大正女学生の格好をしていたりする。
金田イサはかねちんと呼ばれている。どちらかというとおっとりしているタイプ。奈美季とは同い年でありながら悩みの相談には的確なアドバイスをくれたりする。実は在日朝鮮人と日本人のハーフだが、本人は朝鮮の言葉がまったく話せない。

麗砥(れいと)
朱雀達のサポートを行う。上品で女性口調で話すオカマキャラ。美紀とは仲がよく、よく紅茶を飲みつつ談笑している。秀明や良子程ではないが、ケプレシュの修復や怪我の治療も行える。プタハのケプレシュを身に纏う。

古代エジプト時代の第一世代
左から…ザイード=ミーノ(ラー)、イライジャ(アメン)、アイーシャ(セルケト)、ホルウル(ホルス)、バーン(トト)、ナス=ラキシス(バステト)
平安時代の第二世代
左から…長岡頼通(コンス→ホルベヘデティ)、清原良子(ハトホル)、曾我秀明(クヌム)、藤原霧花(ヘケト)、藤原露花(サテト)、藤原憶康(トト)


ほかにも まだまだ沢山居るけど、それはおいおい明らかになっていく…かも!?
古代戦殻ジェノサイダーTOP

作品紹介に戻る

トップに戻る

inserted by FC2 system